So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
初心者講座 ブログトップ

FX自動売買(システムトレード)のリスク管理について [初心者講座]

リスク管理については非常に重要で
私も細心の注意を払って設定するようにしています。


1トレードの最大損失が5%

ロットの調整

私のゲムトレードの初期投資額は5万円になります。
5%ということは5万*0.05=2500円
1トレードの負けが2500円です。

私が取り入れているWhite Bear V1 Apex2はリミットが8pip、
ストップが56pipです。

ここでストップは56pipですが、トレードの平均損失が25pipで
ポジションを最大5つ持つと最大損失は
0.25*5=1.25pipとなります。

1トレードの最大損失が1.25pipであれば
lot*1.25円=2500円
lot=2000円となります。 
よって設定は0.02lotです。

複利トレードの場合

複利でのトレードの場合、全体の資金にたいして
一つのポジションが何%損失になるかを設定できます。
これはとても便利なので、私はこちらのほうで設定しています。
下の画像の赤のラインで囲まれた部分です。



Screen Shot 2015-07-11 at 21.22.38.png

例えばポジション5つであるとすると、
リスク値1(%)*5ポジション=5%となるので、
リスク値は1と入力すれば良いです。

これだけで済むので資金管理は非常に簡単に考えることができます。

くれぐれも入力間違いがないようにしてください(;^_^A アセアセ・・・





























FX自動売買(システムトレード)の選び方について [初心者講座]

FX自動売買でのEAの選び方については

まず使用するにあたり注意が必要なEAのタイプ

をご紹介します。


マイチンゲール系EA

基本的にこれは負けたら倍の金額を掛ける
というものです。

しかしこれは相場が反転しなければ、損失方向にポジションを取り続ける
ため、相場が大きく反転した場合には致命的になります。

トレンドを見極めて裁量で決済ができるスキルがある人は大丈夫だと思います。

ゲムトレードにおいても、マイチンゲール系は複数存在し、ランキング上位で

利益率300%を持つものがありますが、

しかし、これは一定方向の相場がその時に出ているからであって

大きな時間足でトレンドが転換した時には大きな損失を受けます。




ストップが広すぎるEA

通常EAにはリミットとストップが設けれられており、
その中には異様にストップが大きいものがあります。

例えばリミットが10pipでストップが300pipであった場合

なかなか負けないと思います。しかし、負けないといって
lotを大きくするとストップ(300pip)にかかった時に
大きく損失を被る可能性があります。

このようなEAはリスク管理してストップに合わせて
lotを決めたとしても、元金が少なければ、利益は
かなり少なくなってあまり利益を出すことができません。



良いEAについて

良いEAについては、まず
ドローダウンが少ない
売買回数がそれなりにある。

簡単に言えばこの二つでしょうか。

しかし売買回数が少なくてもEAとして安定していれば
同じようなEAを組み合わせて売買回数を増やすことがきます。

私はゲムトレードでペンギンさんと言われる開発者のEAのみ
でポートフォリオを組んでいます。


この方のEAは実績が豊富で安定的な収益を上げているので
同じスキャルピングのEAでも売買回数を増やすために
積極的に使用しています。

Screen Shot 2015-07-11 at 20.42.01.png


上のグラフはゲムトレードのEAである
White Bear V1 Apex2の損益グラフですが

かなり安定していると言えるのではないでしょうか。

無料でこんなEAを使えるなんて本当に素晴らしいと思います。

そこら辺の有料EAにはぜんぜん負けないと思います(笑)



続いてはFX自動売買のリスク管理についてです。




FX自動売買(システムトレード)の使用環境について [初心者講座]

自動売買の使用環境については、
常にシステムを動かしておかないといけません。



通常EAはMT4と呼ばれるチャートソフトにインストールしますが、
その際に一度セットした後には常にパソコンの電源を入れておきます。



使用する本人が外出時に家に誰かがいてその場合パソコンを使用し
たりする場合は注意が必要になります。



そこでオススメしたいのが、VPSと呼ばれるサーバー
です。

これは月額使用料を払いサーバーと呼ばれる別のいわゆるネット
環境を借りてその中でシステムを動かします。

Screen Shot 2015-07-11 at 19.49.46.png


なので、パソコンの電源は切っても大丈夫ですし、
停電強制アップデートで再起動した場合にも
問題ありません。
一番メリット
であるのが、
外出先でもシステムを確認
できるということです。


例えば重要指標時にシステムを止め忘れた
とき等ありましたが、持参のスマホですぐに
システムを止めることができます。


あともう一つは、WindowsではなくMacintosh(Mac)
を使用されているかたはMT4を設置できないと思いますので、
VPSが必要になります。



続いてはFX自動売買のシステムの選び方についてです。








FX自動売買(シストレトレード)のメリットとデメリット [初心者講座]

大変便利なFX自動売買(シストレトレード)ですが
もちろんメリットとデメリットがあります。


メリット

トレードにかける時間の短縮が図れます。

全記事でも述べましたが、一度EAをセットしてしまえば
そんなに時間をかけなくても大丈夫なので、
忙しい方はにはもってこいのトレードスタイルです。


再現性が高い

自動売買でも初心者でもすぐ結果が出すことができます。
ゲムトレードのEAは全てフォアードテストを公開
していますので、リアルタイムで結果を見ることができます。

フォアードテストは常にシステムを動かしていますので
相場が大きく動く指標の時にシステムを止めたりと工夫すれば
フォアードテスト以上に結果を出すことが可能です。


デメリット

指標発表時や相場が通常と違う場合等は損失を受ける可能性が高い。

通常と違う値動きをする際にはシステムが損失を受けやすいので
重要な指標の確認や経済情勢を把握しておく必要があります。

例えばギリシャ問題での国民投票時等は相場が
急に動きやすいため、私は1週間ずっとシステムを止めています。



リスクが高いシステムが存在する。

マイチンゲールやナンピンを行うシステムについては、
ある一定方向のトレードについては、自動的に
ポジションを増やして大きな利益が発生しますが
中にはストップを入れないシステムがあるため、
相場が大きく反対に動いた時には最悪口座波状になる恐れがあります。


ゲムトレードでもそういったEAが存在するため、扱いに注意を要します。
私はそういったEAは使わず、現在堅実なスキャルピングを使用しています。


続いては自動売買での使用環境です。








FX自動売買とは(システムトレード) [初心者講座]

FX自動売買(システムトレード)とはEA(Expert Advers)というシステム使い、そのプログラムに従い自動でトレードを行うことです。



EAは一定の法則で売買を行うよう事前にプログラムが決められており、裁量を排除したものとなっています。
またシステムトレード(シストレ)とも言われます。


うまく運用できれば私のような忙しいサラリーマンにはまさにもってこいのトレードスタイルだと思います。



一度セットしてしまえば、1日1回チェックするくらいで、
あとは値動き大きい指標の際にシストレをストップしたりすると、
さらに運用益は上がると思いますヾ(=^▽^=)ノ



私は裁量も時間があるときはデモトレードで少し行っていますが、
それも相場の勉強になるので、自動売買に応用できるのではないかと思います(^○^)



続いては自動売買のメリットとデメリットについてです。

初心者講座 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。